• ポット肥料 1K

ポット肥料 1K|AGRIO

通常価格:¥858税込
858税込
商品コード: 6401
数量
    • 商品詳細

      育苗用粉状肥料
      OATポット肥料 1K

      作物の栽培は、苗の質で決まるとさえ言われており、健苗育成は重要な作業です。
      「OATポット肥料」は、水稲や野菜類及び草花の育苗の肥培管理を簡単で確実に行えるように開発した肥料です。

      特 長

      ●全成分が水溶性であり、液肥として使用できます。(苦土はく溶性)
      ●3要素の他に、苦土、石灰、各種微量要素を含む総合要素入り肥料です。
      ●窒素成分は硝酸性窒素を約60%程含んでおり、肥効が早く低温時にも優れた効果があります。
      ●ガス害がなく、適正濃度で使用する限り、濃度障害の心配はありません。
      ●細根数の多い良質の苗が得られます。

      成分組織

      ●保証成分(%)
      窒素全量(内硝酸性窒素):15.0(8.5)
      水溶性りん酸:8.0
      水溶性加里:17.0
      く溶性苦土:1.0
      水溶性マンガン:0.10
      水溶性ほう素:0.10
      ●配合成分(%)
      鉄:0.20
      カルシウム(CaO):4.55(6.0)

      • 使用してほしいタイミング

        使用方法

        • 1.  水稲育苗:寒冷地では150倍液(水150lに対し1kg)暖地では300倍液(水150lに対し0.5kg)を使用します。
          •      ①稚苗育苗・・・1.5葉期に1箱あたり500mlを散水施肥します。
          •      ②中苗育苗・・・1.5葉期と2.5葉期に1箱あたり500mlを散水施肥します。
            •     ※OATポット肥料の150倍液500ml中には、約0.5gの窒素成分を含んでいますから、元肥の施用量や苗の生育状況により、使用料を適宜増減してください。

        • 2.  草花、野菜:OATポット肥料の500倍液(水100lに対し200g)を使用します。
            発芽揃いの頃から2〜3日ごとに施用してください。
            ※1000〜1500倍液を毎日の潅水代わりにも使用できます。

FAQよくある質問

農薬にはどんな種類がありますか?
さまざまな分類方法がありますが、以下のように用途別に分類されることが多いです。殺虫剤、殺ダニ剤、殺線虫剤、殺菌剤、除草剤、殺虫殺菌剤、殺そ剤、植物成長調整剤、忌避剤、誘引剤および展着剤。また、化学合成農薬、非化学合成農薬、生物農薬など、有効成分によって分類されることもあります。
農薬の濃度を濃く使ったら、よく効いたり速く効いたりしますか?
農薬の使用については、農薬取締法の登録制度により厳格に規定されています。散布濃度や回数は、効果、薬害、成分残留、環境影響、安全性など多くの基準をクリアすることで設定されてています。対象作物、対象病害虫、希釈倍率、使用液量、使用時期、使用方法、使用回数および使用方法が農薬ラベルに記載されていますので、その内容を遵守してください。
なぜ肥料が必要ですか?
管理された環境(プランターや田畑など)では、自然界の栄養循環(野生動物のフンや死骸→分解→植物の栄養→植物が育つ→野生動物が食べる→・・)がうまく回らず栄養が不足します。また、多くの作物の栽培品種はより多くのおいしい収穫物が得られるように品種改良されており、野生品種より多くの栄養を必要とします。これらのことから、肥料を人為的に作物に与えることで、作物が元気に育ち、多くの収穫物を得ることができます。
肥料成分はどんなものがあり、どんな働きがありますか?
三大要素として、窒素、りん酸、カリウム(加里)があります。窒素はタンパク質の構成成分で、根の発育や茎葉の伸長を抑し、葉の緑色を濃くします。りん酸は核たんぱくの構成成分で、根の伸長、発芽や分けつを良くします。開花結実にも影響し、成熟をはやめて品質を良くします。加里は植物体内ではイオンの状態で存在し、炭水化物やタンパク質の合成や体内水分調整に関与しています。果実を肥大させる効果があります。そのほかにもカルシウム、マグネシウム(苦土)、微量要素など植物の生育に必要なものを肥料としています。