• 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
  • 【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)
【サブスク】LED水耕栽培器 灯菜15 Akarina15 (数量限定80台)|AGRIO

780(定期購入時)

商品コード: 9131T
数量
※決済方法はクレジットカードのみとなっております。
※毎月1日頃にお届けいたします。 ※GW、お盆休み、年末年始などは着日が遅れる可能性があります。
    • 商品詳細

      限定80台
      製品仕様

      本体外寸:幅17.5× 奥行12.0× 高さ45.0cm
      コード長:1.6m
      質  量:1.1kg(満水時:1.3kg)
      電源入力:AC100V 50/60Hz
      電源出力:DC12V
      消費電力:6W
      本体材質:樹脂
      電気料の目安:1日あたり16時間点灯の場合約2.6円(1kwh 27円で計算)

      付属品

      ●栽培ケース
      ●栽培パネル
      ●パネルふた×3個
      ●液体肥料50ml×1個
      ●種(サラダ菜)×約20粒、培地スポンジ10個(2回分)
      ●ACアダプター

      定期便でお届けする商品

      初回:本体・種・スポンジ・ジャストワン液肥2本(1年分)
      の4点セット

      2回目以降:封筒の中に、種・スポンジ・リーフレット
      の3点セット

    • お届けについて

      毎月1日頃にお届けします。2回目以降は、郵便(ポスト投函)でお届けします。
      GW、お盆休み、年末年始などは着日が遅れる可能性があります。
      お届け日の詳細については、決済画面でご確認ください。

    • 解約について

      12か月以上の継続をお願いしております。解約のお申し出がない限り、定期購入契約は継続されます。
      1年以上契約の場合には、お客様に無償で譲渡されます。
      途中解約の場合は、違約金5,000円が発生し、本体はお客様に譲渡します。

      利用規約をお読みになり同意いただける場合、次にお進みください。

FAQよくある質問

農薬にはどんな種類がありますか?
さまざまな分類方法がありますが、以下のように用途別に分類されることが多いです。殺虫剤、殺ダニ剤、殺線虫剤、殺菌剤、除草剤、殺虫殺菌剤、殺そ剤、植物成長調整剤、忌避剤、誘引剤および展着剤。また、化学合成農薬、非化学合成農薬、生物農薬など、有効成分によって分類されることもあります。
農薬の濃度を濃く使ったら、よく効いたり速く効いたりしますか?
農薬の使用については、農薬取締法の登録制度により厳格に規定されています。散布濃度や回数は、効果、薬害、成分残留、環境影響、安全性など多くの基準をクリアすることで設定されてています。対象作物、対象病害虫、希釈倍率、使用液量、使用時期、使用方法、使用回数および使用方法が農薬ラベルに記載されていますので、その内容を遵守してください。
なぜ肥料が必要ですか?
管理された環境(プランターや田畑など)では、自然界の栄養循環(野生動物のフンや死骸→分解→植物の栄養→植物が育つ→野生動物が食べる→・・)がうまく回らず栄養が不足します。また、多くの作物の栽培品種はより多くのおいしい収穫物が得られるように品種改良されており、野生品種より多くの栄養を必要とします。これらのことから、肥料を人為的に作物に与えることで、作物が元気に育ち、多くの収穫物を得ることができます。
肥料成分はどんなものがあり、どんな働きがありますか?
三大要素として、窒素、りん酸、カリウム(加里)があります。窒素はタンパク質の構成成分で、根の発育や茎葉の伸長を抑し、葉の緑色を濃くします。りん酸は核たんぱくの構成成分で、根の伸長、発芽や分けつを良くします。開花結実にも影響し、成熟をはやめて品質を良くします。加里は植物体内ではイオンの状態で存在し、炭水化物やタンパク質の合成や体内水分調整に関与しています。果実を肥大させる効果があります。そのほかにもカルシウム、マグネシウム(苦土)、微量要素など植物の生育に必要なものを肥料としています。